幻獣神話展 VI

幻獣神話展 6

【展示タイトル】
幻獣神話展VI 遥かなる憧憬との対峙

 

【会期】
2019年8月8日(木)〜8月17日(土)

 

【会場】
東京交通会館B1 ゴールドサロン

 

【主催】
スパンアートギャラリー

 

【企画】
開田裕治・開田あや・マンタム

 

【開催概要】
渋谷を征服したUMAたちは、いつのころから銀座に定着しています。そしてそこに集まる人、人、人。1回目から今回まで、UMAのカオスと化した会場はずっとその攻撃の力に支配されっぱなしです。UMAたちはどんどんその力を強め、形を変えて人々に魅力を誘います。人々はその魅力に取りつかれ... 今回6回目を迎える「幻獣神話展」。今回もその強力な力と魅力が会場に襲い掛かるでしょう。 是非ご高覧ください!

 

【参加作家】

愛実アオガチョウ青木俊直浅沼テイジ麻宮騎亜飴屋晶貴池田和宏市川友章イトウケイイチロウ伊藤潤二イマムラセイヤ宇田川誉仁江本創太田翔オドンガー大佐鬼塚kama開田裕治かざあな金子誠カミジョウヒロ木村龍弘司湖川友謙寒河江智果川合喬太さちこ三条獅子 有忠清水イズスクリーミング・マッド・ジョージソノヤマ・タカスケ空山基高嶋英男高橋葉介タカヤマトシアキ竹内しんぜん槻城ゆう子Deino(前田 幸太郎)衣 -hatori-花上貴之林美登利雛菜雛子中川知洋長野剛永野のりこNeQro西川伸司百武 朋藤ちょこ穂坂英樹骨オヤジ牧田恵実前田ヒロユキマツダケン松村しのぶ丸山 浩マンタム緑川美帆守亜森園みるく諸星大二郎向川貴晃山田雨月山脇 隆山崎スヨ横倉裕司るるい宴(DUNE+鷹木骰子)渡邊光也

 

 

【開催概要】

幻獣……それは、実在しない生態系に、遙か古の伝説に、微睡む夢の深淵に、秘やかに棲みつく幻の存在。誰の心の中にも息づいている、妖しく美しくおぞましい、あなただけの「友人」。

世界中で古代から現代まで語り継がれるドラゴンから、フェアリーにヴァンパイア。日本では、古くはヤマタノオロチから、江戸時代より連綿と続く妖怪たち、日本を代表する文化となった数々の漫画にアニメ、特撮怪獣。各地に広がるUMA(未確認動物)の都市伝説など、幻獣という存在への憧れが、数えきれないほどの形となって世に出回っています。

人は古来より、その理解を超える奇怪な現象や、大自然の不可思議について、様々な想いを巡らせてきました。人智の及ばない、遠く強大な存在への畏怖と憧憬…。古代には壁画や地上絵として、やがてはその土地特有の民話、そして宗教の中に、コミカルでユーモラス溢れる姿から、世の理全てを司る全能の神に至るまで、その存在を様々に変えながら人々の心の中に連綿と在り続けてきました。時には人の悲哀を、時には人への警鐘を、そして人の業までも背負う彼らを元に創作された作品は数知れず、現在に至るまでその影響力はより広く、より深く浸透し続けています。

昨年開催し、好評を博した「幻獣神話展」の2回目となる本展も、前回同様50名を超える多彩なジャンルの作家達によって生み出された、彼らの心に棲む、彼らだけの幻獣が一堂に会します。世界各地の神話などから着想を得た広大無辺のイメージ群は、視る者の胸にもきっと潜むであろう「友人」らに気付かせる一つのきっかけとなるでしょう。会場では、絵画、イラスト、立体作品の他、出展作品を網羅した図録、グッズアイテム、書籍を販売いたします。遠く、身近な存在である摩訶不思議な幻獣たちに、ぜひ会いに来られてはいかがでしょうか。